かんたん!ペルソナ設定つのステップ

みなさんが売りたい商品は、

どんな人に買ってもらいたいですか?

 

って考えてペルソナ設定した人・・・!

 

アウト!!!

 

みなさんが売りたい商品は、

どんな人に価値を提供して、喜んで頂くことができるでしょうか?

 

それを考えてペルソナ設定をしていきましょう。

 

ペルソナって?

ペルソナを一言で表すと

「商品を提供して喜んで頂けるお客様像の代表について詳細に記載したもの」

 

また、ペルソナを設定することによるメリットは大きく分けて3つです。

1.問題点の発見

一人に絞り込むことで、生活を具体的にイメージすることが出来て見込み客が抱える問題を発見しやすくなります。

 

2.共感しやすくなる

見込み客の問題点や困りごとを絞り込むため、刺さるイメージを発信することが出来るようになります。

そのため、共感しやすくなります。

 

3.クライアントやチーム内でイメージを共有できる

具体的なイメージを共有することにより、アプローチ方法、文章やデザインなどの打ち合わせがスムーズに進みます。

 

ステップ1

既存のお客さまから、以下を抽出します。

売上の上位20%、リピート率上位20%、購入単価の上位20%

 

既にみなさんのファンになってくれている人の分析をしっかりする!

ということになります。

これから商売を始める人は、このあたりを飛ばすか、

マーケティングの会社からデータを買いましょう。

それが無理なら最初は想像でいくしかないですね。

 

ステップ2

インタビューします。

また、普段から、購入してくださった方に、アンケートをお願いしておきましょう。

購入する前の悩み

購入しようと思った最初のきっかけ、

どのように情報を集めて比較検討したか(どんなキーワードで検索したか)、

購入の決め手となったのはどんなことだったか、

購入した後に解決したか

・・・などなどと共に、後述するペルソナ設定に必要な要素をヒアリングします。

何十人も選ぶ必要はなく、数名で良いかと思います。

 

 

ステップ3

セールス担当にインタビューする。

お客様からホンネをインタビューできれば良いのですが、

案外営業さんの方がよく見ている場合もあります。

「Aが良いっていうから持っていったら実際はBを選ぶ」とか。

お客様が認識していないニーズを、案外営業さんが知っているもんです。

 

ステップ4

ペルソナ像を作ります。

項目は後述します。

 

ステップ5

そのペルソナが本当にいるのか検証します。

初めての商品を作る場合、特に重要です。

あまりにもターゲットが少ない場合、再考の必要があります。

 

ステップ6

定期的に見直しをします。

作成したペルソナ像で、集まってきたお客様がずれていないのかどうか、

自分の商品価値を存分に活用して頂ける、理想のお客様が集まってきているかどうか、

定期的に検証し、必要であれば、見直しをしていきましょう。

 

ペルソナ設定に必要な項目

ペルソナ設定に必要な項目は以下の通りとなります。

性別

年齢

職業

収入

既婚・未婚

同居家族

居住地

学歴

仲よくしている友人の属性

SNSなどの利用状況

よく使うデバイス

休日の過ごし方

好きなお店

読んでる雑誌

食生活

趣味

休日の過ごし方

好きなテレビ

 

必要に応じて項目を追加してもOKです!

 

まとめ

ペルソナを設定することにより、ターゲットを絞りこむのが、最初は怖いかと思います。

でもふわっとしたペルソナですと、誰にも刺さらず、誰も自分の事として認識してくれません。

ですからペルソナを設定することは大切ですし、また、そのペルソナが単なる架空の人物にならないように、実在する人物像であることを確認する必要があります。

定期的に見直しをすることも大切ですね。

みなさんの素晴らしい商品が、どこかで悩んでいるお客様に届きますように★

 

 

インターネット集客のノウハウを無料配信中